異端児の戯言

アクセスカウンタ

zoom RSS はけ口

<<   作成日時 : 2012/01/16 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Dancing★Onigiri 冬祭り2011 -bright New year-が終了しました
運営の皆さん 参加者の皆さん プレイヤーの皆さん お疲れ様でした
そして 遊んでくださってありがとうございました かみやんです

今回紅組に振り分けられ まぁ結果は白組の勝利だったので残念でしたが
個人作として4作品 飛び入りとして1作品
さらにはスカイプで突発参加した飛び入り合作で1作品
合計6作品提出しました 遊んでいただけましたでしょうか

作品のほうには ここに貼るのが面倒なので
サイトのほうからよろしくお願いします

* * * * *

さてさて

祭りには毎回絶対何かしら不備がありますし
それは7chatで侃々諤々喧々囂々したのでもういいません

多keyドーンと5keyドーンをぶつけたことだけは
今でも不満たらたらですがもういいません

今日最終日の譜面をプレイして
主に5keyの腕がついてこないことに気付いたんですよ
もうそろそろ引退かなって
仮に引退はしなくとも もう全譜面得点報告とかプレイとかいいかなって

実際来年度はどうなるか全然分かってないですし
この生活は今年度までなので 今後作れるかどうかもわからないんですが
もう ついてけないやって

多keyで多作品をドーンしてる時点で
最終日 ましてや各日トリにはなれないので
1本集中するほうがいいんでしょうけど
ボクの場合
多くの人にとっての「直感」で音を拾うわけではないので
どうしても人を選ぶ譜面になってしまいます
「曲に忠実」といわれますが これはいい面も悪い面も持っています
忠実すぎる 単調だ よく言われますね

音取りの仕方は初期から貫いてますし
アイデンティティの問題でもありますので
この先作る際も曲げるつもりはないのですが

問題は ダンおに界全体の譜面高難易度化現象

昔は8分乱打や16分が少し入った譜面は
「みんな!これをクリアしようぜ!」という目標になっていたそうなので
普通にプレイヤーの腕前が上がったことになりますし
おかげで様々なキーが生み出され
ボクも11keyという特殊keyの恩恵を受けることが出来ています

それは時代の流れや波なので いいんですよ

でも 他の音ゲーを触ってきた人にとって ダンおにの難易度はぬるいらしいし
「まだまだ難しくしていいんだ」という風潮が出てきてしまってます
人間って貪欲ですね

成長するというのはいいことなんですが
1作・1譜面に込めた想い→激難譜面と勘違いしているような
この流れがどうにも

祭りの各日トリや大トリに選ばれるのは
良譜面・人を引き込む魅力・演出・打ち応え 色々あると思いますが
中には
「高難易度じゃないと面白くない」「祭りは高難易度が当たり前」
こういう考えが根付いて来てるように思うんです

好みは人それぞれなので個人をとやかく言う気はないんですが
盛り上がるべきところで 難易度的についていけなくなり
蹴落とされるプレイヤーが出てきているように思えるのです
実際掲示板報告もツイッターに取って代わられて来てますし
外からではマイナージャンルのダンおには
祭りの得点報告の大部分を占めるのは製作者です
プレイヤーもいるにはいますが上級者ぞろい

クリアしたときの達成感や楽しさを報告したいと思っても
終盤までいけずにすぐ落ちては報告する気も失せるでしょうし

* * * * *

とまあ色々とぶちまけました 全部主観ですね

名無し評価で参加したいのに
腕前がついていかなくて放置勢も実際いますし

ボクもプレイヤー歴は第2〜3世代並なのに
最終日の作品半分はクリアできませんでした
年齢による衰えか 単純な実力不足か
高倍速化も含まれていると思いますが

トップの人々が独走しても 楽しくないんですよ

* * * * *

オーケストラなどでアンコールがあった場合
最後の最後に演奏するのは 最高に盛り上がる曲ではなく
少し物足りなく感じる 静々とした フィナーレです

盛り上がって盛り上がって満足して帰る ではなく
楽しかったけど最後物足りなかった
また来て楽しもう そう思わせるためだそうです

難譜面祭などの 一極方面に突出した祭りはともかく
年の瀬 年度末 そういうときに全員が楽しみ
全員が満足できるような それでいて
また来年に期待し 楽しみを増やす

一部が独走するのではなく 本当に全員で楽しむ
そういう感じにいったらいいなぁと思ってます

* * * * *

とまぁ はけ口でした
たまにぼやきたくなるんですよね

ま 所詮は個人の一意見です
どれだけの人がここを見てくださっているかわかりませんし
個人の意見は通らないとか そういうこともあります
大体 ボクは中身が子供なので
あっそはいはいで済まされたり潰されたりとかもあると思いますが

こんな考え方もあるんだなぁ 的な
そんな風に感じてくれる人がいたらいいなって思ってます

見てくださった方々
こんなクソな長文にお付き合い下さり ありがとうございました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はけ口 異端児の戯言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる